スキンタッグを予防するにはスキンケアが大事

スキンタッグとは皮膚の疾患の一つで、身体にできる良性のイボのことをいいます。イボにはいくつか種類がありますが、大きさが1mmから3mm程度のものをスキンタッグと呼んでいます。首や脇、胸元、おしりなど皮膚が比較的柔らかいところにできやすいと言われています。
スキンタッグには肌の老化が大きく関係しています。ストレスや睡眠不足、喫煙なども影響すると考えられていますが、その中で一番大きな要因は紫外線によるダメージです。日々浴びている紫外線のダメージが肌に蓄積していって、イボができやすくなると考えられています。
スキンタッグを予防するには、まず紫外線を浴びないようにすることが重要です。日焼け止めを塗ったり、日傘をさしたり、アームカバーをするなどの対策をしていれば、紫外線からのダメージを減らすことができます。それから、肌が乾燥しているとスキンタッグはできやすくなります。それを防止するには、保湿などのスキンケアをして潤いのある肌の状態に保つことが必要になってきます。また、人によっては遺伝的な要素があってできやすい人もいますので、そういう人は若いうちから紫外線の予防やスキンケアに気をつける必要があります。

Comments are Disabled