Posts in Category: イボ

スキンタッグ(首イボ)の予防と治療のポイント

首にできた小さなボツボツ。これはスキンタッグ、または軟線維腫首イボといって老人性の腫瘍です。腫瘍といっても良性ですから、放っておいても問題はありません。しかし、見た目も悪いですし、なんといっても気になりますよね。

スキンタッグの大きさは1~3㎜。色は肌色~褐色、黒っぽいものもあります。肉芽のように皮膚の表面から突き出ているのが特徴です。
原因は加齢です。加齢により新陳代謝が衰え、皮膚のターンオーバーが正常に行われないために起こります。また、服による摩擦など刺激もスキンタッグの一因と言われています。摩擦によるストレスにより細胞がダメージを受けイボとなってしまうのです。

スキンタッグ――首イボの治療には、液体窒素療法、電気凝固法、切除法、内服薬の服用、外用薬(塗り薬)の塗布などの方法があります。

予防と治療のポイント
首イボの治療法は上述の通りですが、治療せずに済めばそれにこしたことはありませんよね。首イボ対策の最大のポイントは「早期予防」です。つまり、「首イボをつくらない/できない」ような体づくりです。
首イボの原因は年齢や体質など一つだけではありません。日頃のお手入れとともに体質改善が重要なカギとなってきます。

首イボの予防法
1. 皮膚への摩擦を防ぐ
ボディークリームでお肌に潤いを与えましょう。皮膚への摩擦を和らげることができます。
2. 紫外線対策をする
紫外線も肌への刺激となります。ちょっとした外出でも必ずBBクリームなどを塗りましょう。
3. 代謝を高める
新陳代謝を高めると、皮膚は規則正しく再生されるようになります。睡眠を十分にとり、適度な運動を心掛け、バランスの良い食事を摂るようにしましょう。

スキンタッグを予防するにはスキンケアが大事

スキンタッグとは皮膚の疾患の一つで、身体にできる良性のイボのことをいいます。イボにはいくつか種類がありますが、大きさが1mmから3mm程度のものをスキンタッグと呼んでいます。首や脇、胸元、おしりなど皮膚が比較的柔らかいところにできやすいと言われています。
スキンタッグには肌の老化が大きく関係しています。ストレスや睡眠不足、喫煙なども影響すると考えられていますが、その中で一番大きな要因は紫外線によるダメージです。日々浴びている紫外線のダメージが肌に蓄積していって、イボができやすくなると考えられています。
スキンタッグを予防するには、まず紫外線を浴びないようにすることが重要です。日焼け止めを塗ったり、日傘をさしたり、アームカバーをするなどの対策をしていれば、紫外線からのダメージを減らすことができます。それから、肌が乾燥しているとスキンタッグはできやすくなります。それを防止するには、保湿などのスキンケアをして潤いのある肌の状態に保つことが必要になってきます。また、人によっては遺伝的な要素があってできやすい人もいますので、そういう人は若いうちから紫外線の予防やスキンケアに気をつける必要があります。

スキンタッグは何歳からできるのか。

いぼの一種であるスキンタッグに悩まされている人が増えています。
脇の下や首にできてしまうことが多く、皮膚の柔らかい部分にできることもスキンタッグの特徴と言えるでしょう。
この症状は、老化現象のひとつとして考えられています。
何歳からできるのかと気になっている方も多いかもしれませんが、早い方であれば20代ででき始めます。
しかしながら、多くの方は、30代から40代の中高年以降に発症してしまうことがほとんどです。
また、もともとの体質によりスキンタッグができてしまうこともあるので、確実に何歳から発症してしまうということは断言できません。
そのため、できてしまう年齢は様々です。
スキンタッグができてしまう原因として、紫外線に多くあたってしまうことも要因のひとつだと考えられています。
日頃から野外で過ごすことが多い方やスポーツなどを楽しみ紫外線にあたっているという方は、きちんと紫外線対策を行うことが大切です。
しっかり紫外線から肌を守ることで、スキンタッグになる確率を低下させることができるでしょう。
また、洋服の摩擦などでもこの症状に悩まされてしまうことも多く肥満の方にもよく見られる症状なので、正しい対策を行うことをおすすめします。